現役フリーイラストレーターおすすめの無料登録サイト25選【保存版】

フリーランス

こんにちは。

フリーイラストレーターの熊谷ユカ(@1z5gItoZnEBCtcD)です。

  • フリーランスのイラストレーターとして活動し始めたけど、どのサイトに登録すればいいいんだろう…。
  • 持ち込み営業以外に、手軽に仕事をゲットする方法はないのかな…?

…という方に、フリーイラストレーターの熊谷ユカが登録する、おすすめサイトをご紹介します。

登録料はすべて無料です!

熊谷ユカ
熊谷ユカ

サイトに登録すると、持ち込み営業より圧倒的に時間短縮になりますし、様々なお仕事があるので自分に合うお仕事を取捨選択しやすい…!

この記事では、計25個のサイトを6つのカテゴリーにわけて紹介しています。

ぜひご自分の目的に合うサイトに登録してみてくださいね。

スキル出品

自分の持つスキルをお金に変えることができます。

「SNSアイコン作成」や「漫画作成」、「ウェルカムボード作成」など様々なサービスを出品できるので、できそうなものからチャレンジしていきましょう!

ココナラ

参照:ココナラ

スキル出品系サイトの中で、最も知名度が高く、ユーザー数も多いサイト。

CMなどで見かけたことがあるかもしれませんね!

美容や占いなど、イラスト以外の案件も多数あります。

販売手数料は、10~20%です。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

ユーザー数が多いので、自分の出品が見つけてもらいにくいというデメリットもあります…。

SKIMA(スキマ)

参照:SKIMA

ココナラほどではありませんが、イラスト以外の案件もあります!

クラウドソーシングサービスのように、依頼主がクリエイターへ直接提案をする「リクエスト」という機能があります。

販売手数料は、10~20%です。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

他2サイトにはない、リクエスト機能が便利です!

タノムノ

参照:タノムノ

イラスト案件に特化した、比較的新しいサイトです。

ココナラやSKIMAと異なり、依頼者と直接やり取りができます。

販売手数料は、なんと無料です!

熊谷ユカ
熊谷ユカ

クリエイターにとって手数料無料は大きい! 個人的におすすめのサイトです。

お金のやり取りが不安…という方向けに、「アズカリ」というサービスがあります。

クラウドソーシング

仕事の受注者と発注者をつなぐサービスです。

オンライン上で不特定多数のワーカーに業務を発注する…という仕組み。

現在ではかなりポピュラーなシステムですね。

クラウドワークス

参照:クラウドワークス

登録者数200万人以上! 日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

イラストの案件は、YouTubeの広告漫画作成やロゴデザイン等が多め。

販売手数料は5~20%です。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

案件がたくさんあるので、必ず自分に合うお仕事が見つかりますよ!

ランサーズ

参照:ランサーズ

クラウドワークスと似たような案件が多い印象の老舗サイト。

ぜひ、こちらも登録しておくことをおすすめします。

販売手数料は5~20%です。

Craudia(クラウディア)

参照:Craudia

クラウドワークスやランサーズより案件数は少ないですが、その分手数料が安いですね。

販売手数料は3~15%です。

GIKUTAS(ギクタス)

参照:GIKUTAS

イラスト案件に特化したクラウドソーシングサイトです。

イラストコンテストなども、よく開催されています。

イラスト投稿

お仕事を依頼していただくには、とにかく自分のイラストを「知ってもらうこと」が重要です。

イラスト投稿サイトを使うことで、自分のイラストの露出を増やし、知名度を上げることができます。

上手い人のイラストを見て勉強もでき、一石二鳥!

Twitter

皆さんも利用しているであろうTwitter。実はイラストレーターさんも積極的に利用しているツールです。

フォロワー数が多ければ多いほど、知名度が上がり、仕事依頼も増えるという仕組み。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

登録必須! 

憧れのイラストレーターさんをフォローして、イラスト制作のモチベーションを上げるのもいいですね。

pixiv(ピクシブ)

参照:pixiv

最も知名度が高いイラスト投稿サイトです。

PixivFANBOXではファンから支援を受けることもできます。

Instagram(インスタグラム)

参照:Instagram(マイページ)

ギャラリー形式で写真を投稿できるので、見た目にも綺麗で、イラスト投稿に向いています。

ART street(アートストリート)

参照:ART street

メディバンが運営するイラスト投稿サイトです。

月に数回コンテストが開かれ、賞金ゲットのチャンスも多々あります。

GALLERIA(ギャレリア)

参照:GALLERIA

匿名で「いいね」やコメントができる、めずらしいサイトです。

グッズ販売

自分が描いたイラストを、Tシャツやスマホケースなど、グッズ化して販売できるサイトです。

在庫を抱えずに商品を作成&販売できるので、本当にありがたいですよね!

BASE(ベイス)

参照:BASE

短時間で自分のショップを開設できます。

デザインなどの自由度が高めです。

suzuri(スズリ)

参照:suzuri

なんと37種類! 商品のバラエティが豊富です。

canvath(キャンバス)

参照:canvath

「1点」からオリジナルのスマホケースなどの商品を作成してくれるネットサービスです。

販売は不可で、作成のみとなります。

ヤフオク

参照:ヤフオク

オークションサイトです。

手描きイラスト(原画)が意外と高い値段で売り買いされています。…穴場です!

熊谷ユカ
熊谷ユカ

中古品の売買メインで使われるイメージのヤフオクですが、実はイラストの売買も盛ん!

オークション形式なので、意外な値段で売れるかも…?

creema(クリーマ)

参照:creema

ハンドメイド作品を販売できるサイトです。

販売されているイラストは、アニメ絵は少なく、アートよりのおしゃれな作品多め。

BOOTH(ブース)

参照:BOOTH

pixivと連携した、ネットショップ開設サービスです。

pixivと連携すると、pixivでBOOTHに登録した商品のプロモーションを行うことができます。

ストックイラスト

ストックイラストとは、不特定多数の人に向け、そのイラストの需要を予想し、制作&販売するもの。

「いらすとや」などを想像していただけるとわかりやすいと思います。

描いたイラストは、半永久的に販売でき、製作者の資産となります。

PIXTA(ピクスタ)

参照:PIXTA

国内大手! 最も知名度が高いサイトです。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

個人的には一番使いやすいサイト!

Adobe Stock(アドビストック)

参照:Adobe Stock

海外サイトですが、言語選択により日本語表示可能です。

税関係の手続きが必要となります。

photolibrary(フォトライブラリー)

参照:photolibrary

コンテンツ価格を自分で設定できる、少しめずらしいサイト。

payless images(ペイレスイメージズ)

参照:payless images

販売開始前に、イラストのクオリティチェック等の審査があります。

イラストAC

参照:イラストAC

無料サイトトップですね。

他4サイトと異なり、著作権は完全譲渡となります。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

著作権譲渡がネックとなり、最近はあまり投稿していません…。

公募

やっぱり、賞金が高い!
自分のイラストに自信がある人は、ぜひ積極的に応募し、実績を積んでみると良いのではないでしょうか。

登竜門

参照:登竜門

公募ガイド

参照:公募ガイド

まとめ

「今まで知らなかった!」というサイトも意外にたくさんあったのでは?

使っていくうちに、各サイトの雰囲気や使い勝手などはわかってくると思うので、とにかく初めは色々なサイトに登録してみましょう!

また、サイトで依頼を受けるのと並行し、イラストの勉強も継続するのがスキルアップの秘訣です!

twitterでは、熊谷ユカの作品をアップするほか、イラストの描き方や考え方などをつぶやいています。

記事更新情報も流しますので、よかったらフォローしてくださいね^^

熊谷ユカのtwitter(@1z5gItoZnEBCtcD)はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました