メイクが義務化していませんか?大学生の私が半年間すっぴんで過ごした感想

雑記

こんにちは。

熊谷ユカ(@1z5gItoZnEBCtcD)です。

「大学生ですっぴんって、もしかしておかしい?」

「正直メイクってめんどくさい…」

「朝のメイクの時間が結構ストレス…!」

実はこんなふうに思ってるよ!って方、いませんか?

大学生って、可愛くメイクをして、キラキラしてるイメージ…。

でも、「面倒くさいな~」と感じてしまうこと、正直言ってありますよね。

この記事では、大学での半年間をすっぴんで過ごした私が、すっぴんのメリット、メイクに対する考え、すっぴんで過ごす際気をつけることなどを書いてみました。

毎日のメイクをストレスに感じている方に、ぜひ読んでほしいです。

2020年11月24日追記:この記事は、私が大学生だったころに書いたものです。現在は大学を中退し、フリーランス(イラストレーター&ブロガー)として活動しています。

「大学生はメイクするのが普通」そもそもなぜ?

疑問でした。

「大学生はメイクするのが普通」という常識、そもそもどこからやって来たのでしょう?

私なりの考察ですが、「日本の学校(小学校~高校)の校則が厳しすぎたゆえの反動」が根底にあるんじゃないでしょうか。

「メイク禁止だったから、大学ではメイクしてみたい!」という感じ。

大学に入ると女の子たちはほとんどメイクするようになり、「大学生はメイクするのが普通」という雰囲気が次第に作られていく。

私もメイク、してました。

大学1年生のころは、ほぼ毎日メイクしてました。

キラキラ可愛いコスメ用品を1からそろえて、色んなメイクを研究したり、自分に合うコスメを調べて買ってみたり…。

素直に楽しかったです。メイクした後の、いつもと違う自分の顔が新鮮でした。

でも、2年生になった頃、少しずつ…少しずつですが、メイクが「好き」ではなく「面倒くさい」という感情が上回るようになっていったんです。

気分が乗らなかったけど、それでもメイクしていました。

だって、「大学生はメイクするのが普通」だし…。

すっぴんで大学に行ってみた。

ある日どうしても「今日はメイクしたくない」と感じ、すっぴんで通学することに。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

快適かもしれない…

1日爽やかな気分を味わった私は、それから2か月間、ほぼすっぴんで大学に通いました。

快適でしたが、「周りの人たちは私のすっぴんをどう思っているのだろう?」という気持ちも少しはありました。

そんな時、友達とメイクの話をする機会があり、「最近すっぴんなんだよね」と打ち明けると「え、メイクしてると思ってた」と意外な返答。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

あれ、すっぴんでも意外と大丈夫なのか

何だか杞憂だったな、と感じました。

結果、その時から今まで、すっぴんで生活するように

すっぴんのメリット

半年間すっぴんで過ごした私が感じたメリットは、主に4つです。

肌に良い

ファンデーションを塗ると、一時的に肌が綺麗に見えるんですが、実際は肌に負担がかかっていますよね。

メイクしていた時は、毛穴の開きなど肌のトラブルがあったんですが、すっぴんを続けると肌の調子が良くなりました。

時短できる

人によりますが、1日20~30分くらいはメイクの時間が必要ではないでしょうか。

大学がある日に毎日メイクする場合、1年で70時間ほどメイクの時間がかかる計算なので、すっぴんだとかなり時短になります。

節約になる

コスメって結構な値段しますよね…。

私は1年間でコスメ用品一式を1回買い替えていたので、総額10000円は使っていたと思います(全部プチプラコスメでこの値段)。

結構な出費でした。

人によってはすっぴんのほうが綺麗に見える

これは本当です。

メイクって結構難しいんですよ。

初心者だとメイクが濃くなりすぎて不自然な顔になったり、ブルべがイエベのメイクをしたら肌がくすんで見えたり…。

メイクの知識・技術が乏しい場合、案外すっぴんのほうが綺麗に見えたりします。

私の友達にも、「あれ?すっぴんのほうが可愛いのでは?」と感じてしまった子が何人かいました。

すっぴんで半年間過ごした私が気をつけていたこと

すっぴんをデフォルトにするために、以下の2つに気を付けていました。

素材を磨く

素材…つまり、肌・髪・体型などです。

小さい子って、メイクしてなくても健康的な美しさがありますが、大人になるにつれ、不規則な生活により本来の美しさが失われていくと思うのです。

適度な運動、良質な睡眠、栄養たっぷりの食事など、基礎的なことを充実させよう!と意識していました。

メイクにかけていた時間を、素材を磨くことにシフトさせた感じです。

スキンケアをしっかりやる

素材の中で、「肌」に一番気を付けていました。

UV対策(日焼け止めを塗るなど)や、洗顔、保湿を丁寧にするだけで、かなり肌の調子は変わります。

ファンデーションを塗らない代わりに、素肌を綺麗にしよう作戦です。

補足

ここまで「すっぴんの良さ」ばかりを語ってきましたが、私はすべての人にすっぴんを勧めたいとは思っていません。

私は「好き」だったメイクが徐々に「面倒くさい」と思うようになり、すっぴんを選ぶようになりました。(すっぴんのメリットも、思ったよりたくさんありました)

でも、メイクが好きな方はメイクをするべきだし、仮に今メイクが面倒くさいと感じている人も、したくなったらすればいい!

そしてメイクをする場合、周りの人たちからの評価にとらわれず、自分が好きだと思えるメイクを楽しめばいい。

あくまですっぴんは選択肢の1つだということです。

まとめ

さらっと、まとめてみました。

まとめ

すっぴんのメリット

  • 肌に良い
  • 時短できる
  • 節約になる
  • 人によってはすっぴんのほうが綺麗だったりする

すっぴんで過ごす際に気をつけたいこと

  • 素材を磨く
  • スキンケアを念入りに行う

補足

  • メイクが好きな人はもちろんメイクを楽しむべき
  • 今すっぴんがいいと思っている人も、メイクに興味が出てきたら、またやればいい!

最後に

メイクは楽しんでするもの!

「嫌だな」「気が進まないな」「面倒くさい」と感じたら、お休みしてもいいです。

重要なのは、「メイクした自分」と「すっぴんの自分」、どちらを「いいな」と感じているかです。

私は今は「すっぴんの自分」を「いいな」と感じます。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

ぜひ、自分の心に正直に!

twitterでは、熊谷ユカの作品をアップするほか、イラストの描き方や考え方などをつぶやいています。

記事更新情報も流しますので、よかったらフォローしてくださいね^^

熊谷ユカのtwitter(@1z5gItoZnEBCtcD)はこちらから

イラストレーターとして仕事を承っております。詳しくは「ご依頼について」をご覧ください。
装画・挿絵・アイコンなどのイラストをお描きします。 (内容によりますが、およそ1点¥20,000からご依頼いただけます)

 

 

グッズ販売中です(画像クリックでショップにとびます)

雑記
スポンサーリンク
熊谷ユカをフォローする
yukafuri

コメント

タイトルとURLをコピーしました