【感想】映画「アイフィールプリティ!」を見て、自分をもっと愛そうと思った。

レビュー

こんにちは。

熊谷ユカ(@1z5gItoZnEBCtcD)です。

つい最近、「アイフィールプリティ! 人生最高のハプニング」という洋画を見ました。

ずっと気になっていた映画だったのですが、ようやく見れた…!

笑いあり涙ありの映画でしたよ~!

熊谷ユカ
熊谷ユカ

見てよかった…。

ということで、今回は「アイフィールプリティ!」のレビュー記事を書きました。

この記事では、「アイフィールプリティ!」の映画情報、あらすじ、感想などを紹介しますね。

(「映画に込められたメッセージ」では少しネタバレがあるので、まだ映画を見ていない人は、その部分だけ飛ばして読んでください!)

映画情報

映画「アイフィールプリティ!」の基本的な情報をのせておきます。

映画の基本情報
  • 原題:I feel pretty
  • 劇場公開日:2018年12月18日
  • 制作年:2018年
  • 制作国:アメリカ
  • 監督:アビー・コーン、マーク・シルヴァースタイン
  • キャスト:レネー・ベネット役/エイミー・シューマー、エイヴリー・ルクレア役/ミシェル・ウィリアムズ、イーサン役/ロリー・スコヴェル、マロリー役/エミリー・ラタコウスキー…他

ちなみに、主人公レネーの日本語吹き替えは、タレントの渡辺直美さんが担当しています!

あらすじ

大まかに、こういう内容です。

レネー・ベネット(エイミー・シューマー)は、ぽっちゃりでサエない容姿を気にして、自分に自信が持てない。

高級コスメ会社リリー・ルクレアのオンライン部門に勤めているが、美しい社員たちが勤める華やかな本社ではなく、チャイナタウンの地下の小部屋においやられ、サエない毎日を送っていた。

 ある日、レネーは一念発起し、痩せるためジムに通い始める。しかし、トレーニング中にバイクから転落!その勢いで頭を強打し、失神してしまう。

目が覚めたとき、レネーは自分の異変に気づく。なんと絶世の美女に変身していたのだ。

しかし、それはレネーの思い込みであり、実際は何一つ変わっていなかった―。

引用:「アイフィールプリティ」公式サイト

レネーは自分が美しいと思い込んだことで、超絶ポジティブになります。

会社で出世し、やさしい彼氏ができ、仕事も恋愛も絶好調。

最初は自分に自信がなく、冴えなかったレネーですが、自信を得ることで(思い込みですが)どんどん魅力的になっていく姿に惹きこまれてしまいます

こういう人におすすめ!

この映画は、こんな人におすすめです。

「アイフィールプリティ!」をおすすめしたい人
  • 自分のことがあまり好きになれない人
  • 自分に自信が持てずに生活している人
  • なんとなく、自分の人生に満足していない人

映画に込められたメッセージ

「アイフィールプリティ!」は、私たちに2つの大切なメッセージを伝えてくれます。

それぞれ、説明していきますね!

1.内面が変わると、世界も変わる

1つ目は、「内面が変わると、見える世界も変わる」ということ。

この物語の肝は、「外見自体は何も変わっていなかった」ことなんですよね。

レネーは超ポジティブな思い込みによって、別人のように生き生きと生活するようになります。

そんなレネーの姿に影響され、周りの人たちも元気づけられていくんです。

でも、ある日レネーは気づいてしまいます。

外見が変わっていなかった

ということに。

そして、レネーの性格や周りの環境が変わったのは、すべてレネー自身の「内面の変化」によるものだったことに、彼女は気づくんです。

外見が美しくなったから、人生がうまくいくようになったわけではない。

内面が変わったから、人生がうまくいくようになった。

…こういうことだったんですよね。

心の持ちようで、世界はこんなにも変わってしまいます。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

内面の変化が人生に与える影響って、本当に大きいなあと思わされました。

2.自尊心と自信

2つ目のメッセージは、「自尊心と自信を持つことの大切さ」です。

会社の発表会でプレゼンを行う中、レネーは「外見が変わっていなかった」ことに気づきます。

「自分の容姿が美しくなったから、人生がうまく回り始めた」と思っていたのに、実は何も変わっていなかったのだと。

そのことに気づいたレネーは、聴衆たちに呼びかけるのです。

「子どものころは、みんな自信に満ちあふれていたのに、あるきっかけで疑問を抱き始める。

何度も自分を疑ううちに、すべての自信を失う。

自尊心や信念もすべて消えるの。

でも、それに打ち勝つ強さを手に入れられたら?

見た目なんて関係ない。

子どものころの自信を失わないで。

誰かに「能力がない」とか「美しくない」と言われても、わたしたちの強さや賢さはもっと素晴らしいものよ。

だってわたしはわたしだから。

わたしであることを誇りに思う。」

引用:映画「アイフィールプリティ!」より

これ!これです!

この言葉に、感動してしまったんです…。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

私は、レネーの言葉を聞き、少し泣きそうになりました。

きっと誰もが持っている、コンプレックス。

それでも、コンプレックスにとらわれないで。

「わたし」が「わたし」であることが、何よりも大切。

周りの言葉に傷ついたりしても、自分だけは自分を誇りに思おう

映画を通して、何度もこのメッセージを受け取りました。

映画を見て変わったこと・得られたこと

私はけっこう「完璧主義」で、自分に対して

「どうしてこんなこともできないんだろう」

「もっと頑張らなきゃ」

と思ってしまうことが多かったんです。

でも、この映画を見て、もっと自分を大切にしようと思うようになりました。

世界でたった一つの存在であり、人生をを通してずっと付き合っていかなければいけない「自分」を大切にせずに、いったい誰を大切にできるのだろうと。

「わたし」が「わたし」を愛そう!

映画を見て、そう、思うようになれたんです。

さいごに

「アイフィールプリティ!」は、誰が見ても、勇気づけられること間違いなしの映画です。

ユーモアをもちつつ、私たちに「本当に大切なこと」を伝えてくれます。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

迷っている方は、ぜひ見てみてください。

映画を見た後は、まさに、「世界が違って見える」はず。

twitterでは、熊谷ユカの作品をアップするほか、イラストの描き方やブログに関するあれこれをつぶやいています。

記事更新情報も流しますので、よかったらフォローしてくださいね^^

熊谷ユカのtwitter(@1z5gItoZnEBCtcD)はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました