【ストックイラスト】「売れない」から「売れる」に変えるための5つのポイント

ストックイラスト
  • ストックイラストを始めてみたけど、全然売れない…!
  • どうしたら売れるようになるんだろう…。

今回は、こんな悩みにこたえる記事です。

この記事では、ストックイラストが「売れない」状態から「売れる」状態に変えるためのポイントを5つ紹介していきます。

私も今回紹介する方法をすべて試してみましたが、以前より格段にイラストのダウンロード回数・購入回数が上がりました。

ユカ
ユカ

簡単にできるものから順番に紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ストックイラストを「売れる」状態にするための5つのポイント

それでは、5つのポイントをそれぞれ紹介していきます。

ユカ
ユカ

さくっと簡単にできるものから順番に紹介していきますね!

①タイトルを単語ではなく文章にする

イラストのタイトルは、単語の羅列ではなくきちんとした文章にしましょう。

なぜなら、タイトルはGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に影響する重要な要素だからです。

きちんとしたタイトルをつけると、GoogleやYahoo!などの検索(主に画像検索)経由から、そのイラストのページにアクセスが増える可能性が上がるそうなのです。

ユカ
ユカ

確かにイラストを購入するときはストックイラストサイトから探すだけではなく、Webで検索をかけることもあるなあ…と納得…。

実際にPIXTAさんでも、作品タイトルのつけ方のポイントとして以下の3点を挙げています。

1. 文章として具体的・詳細に作品を説明している。

2. 適切な長さである。(15字〜30字程度)

3. 過剰に単語(キーワード)を乱用していない。

引用:PIXTA

例として、こちらのイラスト。

以前は「女性 ファンデーション ブラシ」で登録していましたが、「メイクブラシでファンデーションを塗る女性」と表現したほうがよいということですね!

②タグに「イラスト」を必ず入れる

タグに「イラスト」というキーワードを入れることも大切です。

なぜかと言うと、購入者さんは作品を購入する際、

「ほしいイラストを表す単語+イラスト」

というキーワードで検索することが多いから、なんだそうです…!

例として、「スキンケアをしている女性」のイラストを購入したい購入者さんは、

「スキンケア+女性+イラスト」

というキーワードで検索するということです。

これ、案外知らない方が多いんじゃないかな~と思います。

ユカ
ユカ

私もこの方の記事を見て初めて知りました…。

簡単にできることですが、知っているか知っていないかで差がつくポイントですね!

③ベクター画像をつくる

ストックイラストをつくる際には、ラスター画像だけでなくベクター画像もつくるのがポイントです。

これは個人的な反省なのですが、今までずっとラスター画像だけ制作していて、ベクター画像を制作していませんでした。

ユカ
ユカ

なぜなら、Illustratorを買うのをケチっていたからです…。

OpenCanvasという無料ソフト(ベクター画像は作れない)でちまちまと制作していました。

しかし、最近になり「やっぱり売り上げを伸ばすためにはベクター画像もつくったほうがいいよなあ…」と思いはじめ、やっとのことでIllustrator(年間プラン)を購入しました。

結局、今まで制作したラスター画像を取り込んでベクター化&新たに投稿することになり、かなりの時間ロスになってしまいました。

ユカ
ユカ

最初からイラレを買ってベクター画像も制作するべきだった…と激しく後悔…。

実際、ベクター画像を投稿するようになってから、前よりも売り上げが伸びました。

これからストックイラストを始めたいという方は、ぜひ最初からベクター画像を制作することをおすすめします

④1つのジャンル内でつくる

1つのジャンル内でイラストを制作することも大事です。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください!

⑤タッチを増やす

イラストのタッチを増やすのも有効だなあと思いました。

なぜかというと、そのイラストを使用する媒体によって、異なるタッチが必要な場合があるからです。

私は企業様からのご依頼で、月に数点美容イラストを制作することがあるのですが、あるとき先方様から「いつもより少し大人っぽい感じのタッチのイラストを制作してほしい」との要望を受けたことがありました。

当たり前のことなのですが、20代向けのコラムと40代向けのコラムでは、使用するイラストのタッチが異なります。

一例ですが、20代向けではフレッシュでキュートなタッチが好まれますし、40代向けでは高級感がありスタイリッシュなタッチが好まれます。

先方様からのご依頼を通して、「同じジャンル内でも異なるタッチが必要な時がある」ということに気づかされました。

それらを踏まえて、私は大きくわけて3つのタッチでイラストを制作しています。

実際に、以下のような同じようなイラストでも、タッチが違うために複数購入してもらえることが多いです。

まとめ

今回の内容を、さらっとまとめてみました。

ストックイラストを「売れる」状態にするための5つのポイント
  1. タイトルを単語ではなく文章にする
  2. タグに「イラスト」を必ず入れる
  3. ベクター画像をつくる
  4. 1つのジャンル内でつくる
  5. タッチを増やす

さいごに

ストックイラストの売り上げをアップさせるには、もちろんイラストをたくさん制作することも大切です。

しかし、それ以外にもできることはたくさんあります!

今回ご紹介したポイントの1と2は特に簡単に取りかかれるものですので、意識してみるのもおすすめかな~と思います。

イラストレーターとして仕事を承っております。詳しくは「ご依頼について」をご覧ください。
装画・挿絵・アイコンなどのイラストをお描きします。 (内容によりますが、およそ1点¥3,000~6,000でご依頼いただけます)

 

 

グッズ販売中です(画像クリックでショップにとびます)

ストックイラスト
スポンサーリンク
熊谷ユカをフォローする
yukafuri

コメント

タイトルとURLをコピーしました