「絵が描けない!イライラする!」って人は、十分努力家だと思う

考え方

こんにちは。

フリーイラストレーターの熊谷ユカ(@1z5gItoZnEBCtcD)です。

  • 自分の思い通りの絵が描けなくてイライラする!
  • 練習しても上達しなくてイライラ…
  • 最後まで作品を完成させられなくてイライラ…

今回は、こんな悩みにこたえる記事です。

この記事では、絵が描けないときのイライラの解決法2つを中心に、創作につきまとう「イライラ」についてお話していこうかな~と思います。

ユカ
ユカ

参考までにどうぞ!

イライラするのは努力家のあかし

解決法についてお話しする前に、少し前置きをさせてください。

それは、

絵が描けなくてイライラするってことは、絵に関して十分努力家

だということです。

そもそも、「こうしたい!」「こういうふうに描きたい!」という気持ちがあるのに、自分の実力がその気持ちについていかないから、「イライラ」してしまうわけですよね。

つまり「自分の理想とするイラスト」をはっきり持っていて、そのうえで「自分の画力の現状」を理解していないとそもそもイライラしないわけです。

例えば、絵を描きはじめたころって、あまりイライラすることってないと思うのですが、それは絵の「理想」も「現状」もきちんと認識していないからだと思います。

やっぱり真剣に絵を描かない人はそもそもイライラしません。

なので、イライラしているということは、それだけ絵に真剣に向き合ってもがいているあかしだと思います。

ユカ
ユカ

そういうふうに考えるだけで、少しラクになります

絵が描けないときのイライラの解消法2つ

実は私も、以前は絵が自分の思い通りに描けなかったときにイライラするということがありましたが、最近はほぼありません。

イライラしなくなったのは、今から紹介する2つのイライラ解消法を日ごろから意識するようになったからだと思います。

…というわけで、絵が描けなくてイライラしてしまうときにためしてみてほしい2つのことについてお話していきます。

①「実験」する気持ちで絵を描いてみる

1つめは「実験」する気持ちで絵を描いてみることです。

イライラしながら絵を描いている状態って、無意識のうちに

  • ここはこういうふうに描かなくちゃいけない
  • ああいう絵を描くには、こうじゃなくちゃだめだ

…と考えて、「ああするためにはこうする」「こうしなくちゃいけない」と自分で自分をを縛り付けている状態だと思います。

義務感ばかりが優先して、柔軟さが失われている状態ですね。

対して「実験」する気持ちで描くとは、こうしたらどうなるのかな?という純粋な好奇心を持っていろいろな描き方を模索するということです。

思い返せば小さい頃って、自然とそんなふうに描いていた記憶がありませんか?

  • いつもは色鉛筆しか使ったことがなかったけど、クレヨンを使って描いてみたらどうなるのかな?
  • 太陽はオレンジか赤色って思ってたけど、青色にしてみたらどうなるのかな?

こんな感じで、わりかし「実験」する気持ちで絵を描いていたのではないでしょうか。

「実験」を意識すると、「○○しなくちゃいけない」という義務感にとらわれず、新鮮な心で絵を描くこと自体を楽しめるようになります

イライラがおさまらないときは、「実験」気分でラクに楽しく絵を描いてみるのもいいかもしれません。

②スモールステップで絵を描いてみる

2つめは、スモールステップで絵を描いてみることです。

スモールステップとは、目標とする事柄を段階ごとに細かくわけ、少しずつ、習得できるようにする考え方のことです。

※「スモールステップ」についてもっと知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください↓

絵を描くときにイライラしてしまう原因の一つに、「高すぎるハードル」があります。

絵を勉強している多くの方は何かしら「こういうふうに描きたい」という理想を持っていると思います。

そして、理想の絵に近づけるように「練習」をしますよね。

しかし、理想の絵のハードルが高すぎる場合、自分のできなさに直面することになります。

  • どうして描けないんだろう…
  • 練習しても思い通りにならない…

…と、知らず知らずのうちにイライラがたまってしまうわけです。

スモールステップは、目標までの道のりを細かく区切って達成感を感じやすくする効果があります。

例えば、あなたが背景を商業レベルに届くほど上手に描けるようになりたいと思っているとします。

そういう場合、いきなり商業レベルを目指すのではなく、

まずは「空」だけは上手く描けるようになろう、その次は「海」を描けるようになろう、その次は…

というように、目標までの道のりを細かく区切って少しずつ達成していくように計画するんです。

なんでもそうですが、私たちは一度に多くのことはできませんよね。

1つずつ、地道に前に進んでいくしかありません。

イライラしているときは、課題を細かくわけて、小さな達成感を感じることを繰り返すのがおすすめです。

まとめ

今回の内容を、さらっとまとめてみました。

絵が描けないときのイライラの解消法2つ
  1. 「実験」する気持ちで絵を描いてみる
  2. スモールステップで絵を描いてみる

さいごに

今回お話した2つの方法は、こちらの動画『創作が辛い? ○○しすぎかも』を見たことでかなり参考になりました。

松村さんの動画かなりおすすめです!

創作活動の苦しみは〇〇のし過ぎやで

twitterでは、熊谷ユカの作品をアップするほか、イラストの描き方やブログのあれこれなどをつぶやいています。

記事更新情報も流しますので、よかったらフォローしてくださいね^^

熊谷ユカのtwitter(@1z5gItoZnEBCtcD)はこちらから

イラストレーターとして仕事を承っております。詳しくは「ご依頼について」をご覧ください。
装画・挿絵・アイコンなどのイラストをお描きします。 (内容によりますが、およそ1点¥20,000からご依頼いただけます)

 

 

グッズ販売中です(画像クリックでショップにとびます)

考え方
スポンサーリンク
熊谷ユカをフォローする
yukafuri

コメント

タイトルとURLをコピーしました