不安はノートに書くことで減らせる。他人に頼らず自分で処理しよう。

人生
熊谷ユカ
熊谷ユカ

突然ですが、皆さんは不安を抱えてしまった時、どのように不安に対処していますか?

  • 誰かに相談する?
  • 不安がおさまるのをじっと待つ?
  • とにかく悩み続ける?

案外、「対処法」、知らないのではないでしょうか。

この記事では、効果の高い不安の対処法を1つ、ご紹介します。

…タイトルでお分かりですね?(笑)

ずばり、「書くこと」です。

私は書いてます

心の中に不安が芽生えたとき、その日の夜に「書く」ことにしています。

きっかけ

私はもともと、日記をつけていました。

毎日ではなく、思い立った時にちょくちょく書く感じです。

当時は不安への対処法としてではなく、単に日常の記録として書いていました。

しかし、1年前にメンタリストDaiGoさんの「エクスプレッシブ・ライティング(筆記開示)」の動画を見て、

書くことには不安を削減する効果がある

ということを知りました。

8分でできる気にし過ぎとソワソワ対策

それがきっかけで、日記に「日常の記録」の役割に加え「不安への対処法」の役割も与えることにしたのです。

方法

書くといっても、具体的には何をするのか?

私は、以下の方法で書くことを行っています。

  1. 就寝前(8時半ころ)に20分ほど時間をとる
  2. ワードを立ち上げ、その日に感じたことをつらつら書いていく

※最初はノートに手書きで書いていたのですが、思考速度と手書きの速度が比例しないので、ワードにシフトしました。

熊谷ユカ
熊谷ユカ

これだけです。シンプルですよね?

ちなみに皆さんが書くことを始める場合、以下の方法をベースにしていただければ…。(私の方法をすべてマネする必要はありません)

  • 1日20分程度時間をとる
  • ノート(パソコン)に、その日感じたこと(不安以外もOK)をつらつら書いていく

書くことによる効果

個人的に感じた効果と、実際に証明されている効果、2つにわけて説明しますね!

私が感じた効果

1.すっきりする

不安を書くことで、頭の中がすっきりします。

頭の中の不安が、紙(ワード)にそのまま乗り移ったような感覚です。

すっきりするので、寝つきも良くなります。

2.不安が明確化する

ぼんやりと不安に思っていることって結構ありますよね?

不安を言葉にすることで、漠然とした不安が明確化します。

また、後で日記を見返すと、自分の不安を客観視できます。

実証されている効果

私自身はあまり意識していませんでしたが、メンタリストDaiGoさんによると、以下の効果が期待できるようです。

  • 5週間続けると、ワーキングメモリが向上する

※ワーキングメモリとは、脳の記憶容量のようなものです。

加えて、ワーキングメモリが向上することにより、

  • メンタルのコントロールが上手になる
  • ストレスに強くなる

などの効果も上がるそうです。

書くことは、ほかの対処法と比べて何が良いのか?

不安の対処法は書くこと以外にもありますよね。

それでも私が書くことをお勧めするのは、ちゃんとした理由があります!

参考に、ほかの対処法のデメリットを考えてみました。

相談する

  • 相談相手の精神的負担になる
  • 自分の気持ちを100%さらけ出せない
  • 不安への解決法が相手任せになる

悩み続ける

  • 時間の無駄
  • ストレスになる

その点書くことは、誰の負担にもなりませんし、素直に自分の気持ちと向き合うことができますよね。

私の経験ですが、不安を自分の中だけで対処するスキルを身に着けている人は、かなり少数ではないか?という感覚です。

だいたいの人は、友達に相談したり、最悪病んだりしてしまいます。

不安を自分の中だけで対処できるスキルは、人生においてかなり役立ちます

まとめ

まとめ

書くって何するの?その方法

  1. 1日に20分ほど時間をとる
  2. ノート(パソコン)にその日感じたことを素直に書いていく

書くことによる効果

  • 頭の中がすっきりする
  • 不安が明確化する
  • ワーキングメモリが向上する(→メンタルのコントロール能力が上がる、ストレスに強くなる)

ほかの対処法と比較したときのメリット

  • 相談した場合と比較し、他人の精神的負担にならない
  • 素直に自分の気持ちと向き合うことができる
  • 時間を有効に使える

最後に

不安の対処法をいくつか持っておくと、心がラクになります。

ぜひ不安の対処法の1つとして「書くこと」を身に着けて、不安を減らしていってほしいなと思います。

毎日の時間を、不安ではなく、楽しいことに目を向ける時間に変えていきましょう!

イラストレーターとして仕事を承っております。詳しくは「ご依頼について」をご覧ください。
装画・挿絵・アイコンなどのイラストをお描きします。 (内容によりますが、およそ1点¥20,000からご依頼いただけます)

 

 

グッズ販売中です(画像クリックでショップにとびます)

人生
スポンサーリンク
熊谷ユカをフォローする
yukafuri

コメント

タイトルとURLをコピーしました